プロジェクト

全般

プロフィール

ニュース

CIMIでADLとUMLを基盤技術とする決定

KOBAYASHI Shinjiほぼ6年前に追加

重要な動向だと思いますので、"本家記事":http://www.openehr.org/326-OE.html?branch=1&language=1 を翻訳して公開します。翻訳の正確さについては一切保証しませんので、必要に応じて原文を参照してください。(翻訳者:小林慎治)

CIMIグループからのプレスリリース

臨床情報モデリングイニシアティブ(CIMI; Clinical Information Modeling Initiative)は、健康に関する記録やメッセージ文書として作成され保存される情報が意味論的に相互運用可能なものとなるために、健康情報の内容を表現する共通形式についての詳細な仕様を提供するための国際的な共同研究である。CIMIは2011年7月から世界各国でミーティングを行ってきた。このミーティングに関連する資金や資産は参加者から提供されてきた。直近のミーティングは2011年11月29日から12月1日までロンドンで開催され、以下の方針と原則についてグループ内での合意がなされた。

h2. 原則

CIMI仕様は誰にでも自由に利用することができる。最初のユースケースは、ヘルスケアを提供したり、資金を与えたり、観察し、監督することに従事している団体のための要求仕様を対象としている。また、ヘルスケアITやヘルスケアIT標準を提供する団体や国家的なeHealthプログラムや専門的組織、医療提供者や診療システム開発者もその対象である。

CIMIは数多くの形式を利用できるような仕様を作成することを約束する。まずは、openEHR Foundation(ISO 13606.2)によるアーキタイプ定義言語(ADL; Archetype Definition Language)と、オブジェクト志向団体(OMG; Object Management Group)によるUML(Unified Modeling Language)を利用者がローカルのための形式に仕様を変換することを目的として、仕様を策定する。

CIMIは成果物とそのプロセスについての活動に透明性を持つことを約束する。

h2. 方針

ADL1.5はリポジトリにおいて臨床情報を表現する初期形式(initial formalism)となる。
CIMIはopenEHRの制約モデル(AOM; Archetype Object Model)を利用していく。
修正が必要となろうであろう。その修正はCIMIのメンバーにより頻回に提供される。
定型UMLのセットやXMI仕様とその変換については、UML 2.0とOCLを制約言語として同時に開発中である。
AOMとその対象である参照モデルをどのように保守し、更新していくかについての作業計画は2012年1月末には開発され、承認がなされるだろう。
HL7のClinical Statement PatternとHL7 RIMの実装と、13606やopenEHR、SMART(Substitutable Medical Apps, Resusable Technologies)イニシアティブのENTRYモデルから得られた経験は、このプロセスにとっての基本的な情報として周知される。
これらのモデルを保守するためのリポジトリを確立するための計画は継続して1月のミーティングまで開発が続けられる。
以下の組織の代表がこの原則と計画についての声明を構築することに参画した。

h2. もっと詳しい情報

近々、CIMIは情報をインターネットで公開する。すぐにより詳しい情報を知りたいという人は、 Stan Huff (stan.huff@imail.org) に連絡してほしい。

openEHRに関する小セミナ 2011-04-15

KOBAYASHI Shinji6年以上前に追加

タイトル: openEHRに関する小セミナ―
日時: 2011年4月15日(金)15:00-17:30
場所: 早稲田大学19号館 -7階713会議室- , 6階609号室に変更になりました。
(案内図は"こちら":http://openehr.jp/attachments/download/30/wasedano19.pdf
参加費: 1、000円 (資料印刷代、他。当日、受付でお支払い下さい)
    参加費の一部を東北関東大震災への義援金としますことをご了承ください。
講演者: Mr. Diego Bosca (バレンシア工科大学)
講演タイトル: Progress of openEHR Implementation in Spain and Europe/World
講演者紹介: Mr. Diego Boscá Tomás
* Computer Scientist and information engineering researcher, specialist in semantic interoperability of the Electronic Health Record.
* PhD research on archetypes for inter-standard semantic interoperability
* Participant in over 15 research projects about data integration and standardisation of the EHR, with more than 35 publications in this topic.
* Lecturer on the 'Information systems and communication networks in medicine' course of the Biomedical Engineering Master from the Politechnical University of Valencia and 'Interoperabilty and standards in Healthcare sytems' course of the Multidisciplinary Computer Science Master from the University of Alcalá
* Member of the Biomedical Informatics research group at the ITACA Institute of the Technical University of Valencia, Spain.
* Responsible of the LinkEHR archetype editor implementation
* External Advisor to the WP1.5 about Semantic Services at the European epSOS project.
講演アウトライン
  タイトル: "Progress of openEHR Implementation in Spain and Europe/World"
  アウトライン:
   - Introduction
   - Europe
 - epSOS project (patient summary)
 - Sweden National project
 - NHS
 - Other countries
 - Spain
  - archetype related works
  - Patient summary
  - Medication reconciliation
   - World
 - Australia
 - Brazil
 - openEHR & HL7 relationships
 - Japan (openEHR-MML-HL7 CDA project)
   - Project scope
   - MML archetypes
   - Mapping openEHR and MML
   - Discussion

参加希望者: 先着40名程度で受付を終了します。
       下記に、氏名、所属を記入して申し込んで下さい。
       「openEHRに関する小セミナ―事務局」
       メールアドレス: seminarkanolab@list.waseda.jp

主催: 早大アジア太平洋研究センター「健康政策・健康情報研究部会」
共催: MOSS (Medical Open Source Software Symposium)
幹事: 加納貞彦(早大)、小林慎治(愛媛大)
連絡先:早大アジア太平洋研究センター「健康政策・健康情報研究部会」内
    「openEHRに関する小セミナ―事務局」(加納、ステファン)
    メールアドレス: seminarkanolab@list.waseda.jp

(参考)宿泊が必要な方は、下記の「リーガロイヤルホテル東京」が早大キャンパスに隣接して便利です。
    予約等は、ご自身でお願いします。
    http://www.rihga-tokyo.co.jp/index.htm

Earthquake March 11, 2011

KOBAYASHI Shinjiほぼ7年前に追加

The historically big earthquake hit the north-eastern area of Japan at March 11, 2011. Almost of us are safe. I confirmed the safe of openEHR.jp people shown bellow.
Shinji KOBAYASHI,
Eizen KIMURA,
Diego Bosca(stay in Japan from Spain)
Sadahiko KANO, and Waseda University people.
Subhash Bhalla and Aidu Univerisity students who attended in MOSS8.
Katsuhiko Nishino and his family
(18:46 JST March 15, 2011)

We all appreciate your kind messages from abroad.
We also praying the safety and reconstruction of the north eastern area of Japan.

MOSS 8 Seminar October 31, 2009

KOBAYASHI Shinji約8年前に追加

It is a pleasure for me to announce the 8th Medical Open Source Software
Seminar (MOSS8) in Tokyo, Japan as follows:.

第8回医療オープンソースソフトウェア協議会のご案内

KOBAYASHI Shinji約8年前に追加

  • 日時 2009年10月31日(予定)
  • 会場 早稲田大学19号館610号室(http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html )~ 〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
  • 共催
    ** 早稲田大学加納研究室

  • 会費 無料(懇親会費約4000円)

  • プログラム

    あいさつ・演者紹介(愛媛大学 小林慎治)(15分)

    Ubuntuの紹介と日本での取り組み(Ubuntu Japanese Team 小林準)(50分)

    The openEHR Project(50分)

    openEHRの紹介(早稲田大学 加納貞彦)

    openEHR.jpの活動と今後(愛媛大学 小林慎治)~

    -休憩-(30分)

    Ruby on Railsによる電子カルテ実装実習(愛媛大学 瀧口洋司)

    Application of openEHR system to Tuberculosis program in Cambodian public health sector,(Waseda university, Saran Kong)(30分)

    openEHR as a new approach to electronic health record system in Cambodia maternity care program (Waseda university, Hok Kakada)(30分)

    Ruby言語によるADL parserの実装(成増厚生病院,東京大学医学部付属病院企画情報運営部 立川 察理)(30分)

    OSSを利用した富士通からIBMへの電子カルテのデータ移行 (愛媛大学 木村映善)(30分)

    総合討論

  • 問い合わせ先
    ** 早稲田大学加納研究室内MOSS8事務局
    ** 〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1 TEL 03-3202-2439
    ** e-mail: moss8@(ここを消して@マークを半角にしてください)moss.gr.jp

  • "PDF版の案内":http://openehr.jp/attachments/download/18/annnai8.pdf

  • 申し込み
    ** 下記申込書に記入の上,事務局へ電子メールををお送りください。
    第8回医療オープンソースソフトウェア協議会セミナー 参加申込み
    MOS事務局 宛
    ・ご所属:
    ・ご氏名:
    ・連絡先電話番号:      

・ 講演会に (参加する ・  参加しない)
・ 懇親会に (参加する ・  参加しない)
** 参加、不参加については不要部分を削除下さい。
** 複数名参加の場合は氏名を人数分ご記入下さい。

Update server configuration (1コメント)

KOBAYASHI Shinji8年以上前に追加

This server configuration was updated in April 6, 2009.
After moving from Fukuoka to Ehime, the Internet environment had been fixed but obsoleted.
The changed points are bellow.
* redmine 0.7.x -> 0.8.3
* Ruby 1.8.6 -> 1.8.7
* fastcgi -> Passenger 2.1.3

Seagaia meeting 2009

KOBAYASHI Shinji8年以上前に追加

We have a seminar around the openEHR with Prof. Kano (Waseda University) in "Seagaia meeting 2009":http://www.seagaia.org/ in Okinawa at May 15, 2009. We will discuss on the architecture and technology of openEHR and our implementation. Some demo will be shown for the audience.

早稲田大学の加納研究室とジョイントで2009年5月15日に開催される "Seagaia meeting 2009":http://www.seagaia.org/ でopenEHRに関連したセミナーを開催します。openEHRのアーキテクチャや技術そして、実装について検討する予定です。デモも予定しております。

Seagaia meetingでの発表内容は"こちら":http://openehr.jp/documents/show/4 にあります。

Dr Sam Heard came to Japan

KOBAYASHI Shinji約9年前に追加

Dr Sam Heard, the director of the openEHR porject came to Japan in November, 2008 to contribute key note lecture at Japan Combined Medical Informatics congress. It was a excellent and encouraging speech for us.

(21-30/30)

他の形式にエクスポート: Atom